TOPアクシデント ≫ 💣 危機一髪 ●~*

💣 危機一髪 ●~*

先週末は備前大会に参加、またまたPASのファミリーも集まり楽しく過ごしたが、
その後とんでもない事象に遭い、危うく大事故になるところだったよ ゙?(@д@)ノ゙アワヮヮヮ・・・?!


KS-10041.jpg


それは帰路の高速道路で起こった
いつも通り和気ICより乗って、吉備SAで休憩して再び高速道に乗ってしばらく走ったところで
車体が少し揺れはじめ風のせいかなぁ~と思った瞬間、一気にガタガタ大揺れとなってタイヤがバースト

日曜日の夕刻で交通量も多く、おまけに高速道なので急停車は出来ないが何とか路肩につけて停車
暗いのではっきりと見えないがその間、タイヤはホイールから離脱、ホイールと路面摩擦により辺りに
火花が飛び散ってるのはハッキリと見えたよ
車両火災は免れたが、停まった瞬間タイヤハウス内からゴムが焼けた煙と異臭が辺りに漂ってやばかったョ (゚m`;)アチャァ…

これは手に負えないので、非常電話から救援要請したさ
間もなくNEXCOと交通警察隊のパトが到着、事故ではなく停車場所も交通の妨げになってないので
「三角停止表示板」を出すよう言われ、後はJAFが到着するまで車外(ガードレールの外側)で待つよう指示を受け
発煙筒を焚いて彼らは現場を去っていった。


待つのは仕方ないんだが、路肩停車中の追突事故も多いと聞き、ヒトは車外に避難してるがワンズ5頭が車内に
居るので、次々とビュンビュン音をたてて通り過ぎる車列は怖かったねぇ~ @(>_<)@
ワンズを出すスペースも無く「どうか追突されませんように」と祈るしか無かったな (^人^)
・・・そして待つこと70分・・・やっとJAFのレッカー車と救援車の2台が到着 (*´О`*)ホッ!

KS-10042.jpg

高速道路上での処置、修理は危険なので、まずはレッカーに乗せ安全な場所に移動する手筈だったが
車軸とタイヤハウスにバーストしたタイヤが絡みついて、動かせないことが判明、急遽ジャッキ2台で車体を
持ち上げ四苦八苦の末、スペアタイヤと交換して何とか自走可能な状態までになったさ。
仕事とは言え、夜間の高速道路にて危険を顧みず応急処置をして下さったJAF隊員の方には頭が下がるし
大変お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。

倉敷ICのにて必要書類に記入、JAF隊員にお礼を言い、少し話を聞いたところ
バーストした箇所が左後輪だったのは不幸中の幸い。もし前輪だったらハンドルを取られ衝突・横転という
事態も充分あり得るし、そうなると怪我してた可能性もあるみたいだ。
また、スぺアタイヤが無かったら安全な場所にて待機、そこからの移動は無理だったな
付いてて良かった役に立ったスペアタイヤだぜ

ヒトだけなら何とかなるが、ワンズ5頭を連れてどうする?お手上げやもん ┐(´∑`;)┌
・・・それを思うとゾッとしたねΣ(゚д゚Ⅲ)
改めて高速道路はとっても便利だが、反面、不慮の事態が起こると怖い道路だと実感したよ。
ワンズのことも気にかけ、親切丁寧に対応して下さったJAF隊員のお陰で、0時近くになったが何とか無事
帰宅することができたよ~ (⌒v⌒)  ありがとうございましたm(_ _)m


KS-10043.jpg


本日、車を修理工場に入れたが、予想以上に車軸他損傷が大きく、かなりの修理期間・費用を要することが判明。
まぁ~時間とお金で解決するなら運が良かったと思ってるよ。
ヒトもワンズも怪我なく無事だったことが何より良かったし、胸を撫で下ろしてるところだ。(@´Å`@)ホッ!

ワンズを連れて何度も遠征する我が家、これまでも怠ってたつもりはないが、今まで以上に安全運転と点検に
心がけようと改めて思っている (^田^*)




スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL