TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年08月
ARCHIVE ≫ 2011年08月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年08月  | 翌月 ≫

3ヶ月

8月も今日で終わりだが暑い一日だった。

EARLが左足のOPEをして今日で3ヶ月となる。
当初は傷口も痛々しく、歩きも当然のことながらピョコタンピョコタンとぎこちなく、この関節の無い状態で果たして数ヵ月後歩けるようになるのか疑心暗鬼だった

OPE前にの専門医の先生から、しっかりリハビリをして筋肉を付ければやがて疑似関節が関節を覆っている袋内に形成され歩く、走るも出来るようになります。また中にはその後アジに復帰した犬もいますよ。っと言われた言葉を信じて今日まで頑張ってきた。
あくまで頑張ったのは誰でもない・・・EARL自身なのだ

まだ専門医から見れば、左足への体重配分、支える力、左右のバランス他、歩く走る飛ぶのすべてにおいての完成度は不十分な面が多々あると思われるが、普段の歩きとそこそこの走りにおいては違和感が感じられない程度にまで回復したと思う
それとそれまで痛かった左足の痛みは今ではなくなったことが何よりだ
逆にその負担が右足にかかり、見た目では解らないが症状を悪化させているのでは・・・とそのことも気がかりだ


スラとハードルリハに励む次男坊
110831_01.jpg


リハの歩行より目の前のに全神経集中でござる
110831_02.jpg


暑い中、まずは今日までリハがんばったEARLに乾杯
110831_03.jpg


これからもEARLとのリハ生活は続くが、日々一歩ずつでも前進するようお互いに努力しよう。

<痛みから開放され、思いっきり草原を走り廻れる日が来ることを信じて・・・>
スポンサーサイト