TOP ≫ CATEGORY ≫ くるま
CATEGORY ≫ くるま
       次ページ ≫

温度計

大会にキャンプと年中活躍してくれてる KETⅡ世号も早いもので今秋3年が過ぎた。
出先では大変重宝しているのだが、今更ながら車両装備に関しては何ともレトロなんだよな。
もともとが商用車ベースだから仕方ないと言えばそうなんだけど、それにしても今から20年くらい前のを思い出させる感じだね。

例えばエアコン・・・一昔前は高級車がオートエアコンだったが今ではもう標準装備の時代だ。ところが、マニュアルエアコンなので、室内温はわかりましぇ~ん
ワンズと一緒に移動する機会がほとんどだが、ダイヤルを冷~暖に微調で動かしながら適温を勘で設定していた
外気温に至っては、体感が全て・・・「暑いなぁ」とか「寒~い」しか言いようがないので、お友達から「今〇〇度だよ」って教えてもらったものだ

そこでだ市販の温度計を購入。何とか組み込んだョ

121028_01.jpg

室内・外気温が切り替え可能で、外気温は車両フロント下部にセンサーを取り付けてケーブルで配線したぜ
車両用ではないのでどこまで正確かは疑問だが、大体の温度はコレで分かるでしょう。。。
これで少しは時代に追いついたかな

温度計の横にはⅠ世号のときからず~っと鎮座している<ボーちゃん>
Purimoママから頂いたワンで幸運と安全運転をいつも見守っているョ


121026_03.jpg


秋が終わると冬がやって来る・・・冬場の路面凍結の目安として外気温は大切な要素の一つだからな
このThermometerが役立ってくれることを祈るとしよう


スポンサーサイト

ラゲージスペース

日々ワンズのお散歩からお買いものと大変お世話になっているket号、もうじき12万Km走行になるが調子はスコブル良好である

先日の定期点検でも特に問題点もなく、まだまだ元気で活躍してくれそうだ

アウトドアー主体の我が家にとって、限られた車内にワンズ3頭と多くの荷物(アウトドアグッズ)を積み込むには、その都度工夫が要求される。
そこで、この度思い切った改良をすることにした

別に大した事をやったわけだはないのよ。今までデッドスペースとなっていた部分に手を加えただけのことだ

今回、改良にあたり我が家の勝手気ままな要求に対し、とっても親切に対応、協力してくださった、その道のプロ・・・BYFスタッフの方にはとっても感謝しています。

あれこれと吟味、試作を繰り返し2日間かかって出来上がったのがコレだ


120510_01.jpg


運転と居住空間に支障がないこと重点とし、座席等の移動領域を最小限におさえ、ワンコの居住スペースとラゲージスペースの両方を確保することを目的に作業を進めてもらったのだ。

2個のケージを脱着可能にするため、いろいろ試行錯誤しましたな
しかし、苦労の甲斐あって何とか出来上がってホッとしてますョ


120510_02.jpg


お陰でこれからも快適なワンズライフを送れそうです

いろいろお世話になりました。ありがとう~m(_)m またお願いするかもです。その時はヨロシク~


120510_03.jpg



小物入れ

週末の土曜日は春とは思えないくらい寒かったよ。
ワンズのお散歩に行ってる少し遠くの公園に着いて、温度計を見たら3度だった
思わず目を疑って何度も見直したよ
車から降りて積んだままになってたダウンを着て、お散歩したね

昨日は打って変わって暖かく、サクラも一気に開花し、お花見を楽しむ家族連れで桜の名所は多くの人で賑わってたな。
我が家はそれを車窓から見ながら、最近よく行ってる川沿いの道を歩いたよ。
ココはまだ開花してないが、いつもガラガラのがほぼ一杯になるくらい混み合っていたよ
暖かくなったし、お花見を期待して来たヒトも多かったのかな

ところで、遠征で使用しているKETⅡ世号だが、他何かと小物やガラクタが多いので、その収納場所に困っていた
助手席前に広いダッシュボードはあるが、そこに何もかも入れちゃうと必要なときに探すのが大変なのよ。
特に小さい物は何処に入ったか・・・一旦全て出してその中から探すので時間も手間もかかるってわけだ

そこで、小物収納トレイを製作したよ

出来上がりはこんな感じだ

120409_01.jpg


以前使用して余っていたコンパネをベースとして、4段デスクチェストを分解して組み合わせた物をその上に固定しただけの至って簡単なものだ。
市販の物に比べると、外観は悪いが手間を除けば材料費も安く、実用的かなっと思っている。
市販品もいろいろ調べたが、ちょうど良いものが見つからなかったしね。

このラック・・・上部がトレーで下部は引き出しになっている。
設置場所は運転席と助手席の中央足元でこんな感じとなる

120409_02.jpg


何処に何を置き、入れるかはまだ未定だが、これで前より少しでも便利性が良くなればいいのだが・・・
まぁ~実際に使用してみないと、長短所は判らないことも多いので今は何とも言えないな

無い頭を絞って作ったので、暫くは活躍してもらわないと・・・


照 明

いつも遠征でお世話になっているKETⅡ世号だが、車泊の度に必然的に室内灯を使用している。

何年もの間、一度も室内灯のを交換していないのだ。

最近何だか暗くなったように感じてたので、そろそろ交換時期かと思っている。

キャビンには蛍光灯とダウンスポットがあるが、ダウンスポットには現在白熱電球ハロゲンバルブが付いている。

この電球バルブ、見た目も暖かく良いのだが、かなり高熱となり消費電力も大きいので使用頻度を控えている。

それに代わるが、今や一般家庭でも著しく普及しているLEDなのだ。

LEDバルブ・・・まだ価格は高いが、長寿命・低熱・省電力・高照度とメリットも多い

しかし、我が家は特殊車なので市販のカー用品店では扱っていないのだ

そこで、ネット情報等を駆使して適合する規格を検索中なのよね。


現在装着している電球ハロゲンバルブがこれ

120407_02.jpg


検討中のLEDハロゲンバルブ(規格適合品か?調査中

120407_05.jpg


仮に規格適合であっても、実際どの程度の照度なのかは、装着してみないとわからないし、気に入らないからといって不良品でない限り返品することも出来ないので、悩むところだよね。

試着品でもあると助かるけど、洋服じゃないのでそんなのあるわけないし・・・・

これに限らず、特殊なパーツは価格も安くないし、手にして見ることも出来ない取り寄せ商品が多いので、その点では不便だよね。
まァ~このくるまで動き回る限りは、避けられない事とは言え何とかならないものだろうか

もう少し時間をかけて、あらゆる角度から情報の入手に努めてみるとしよう


続・リードフック

昨年末に改良製作したリードフック、今回の遠征で早速使用した。
位置、大きさ、掛け易さともGOODでこれは便利になったと思っていた

ところが、使用しているうちに走行中の振動や掛ける時に当たったり等で、フックを付けている木製プレート本体がグラついてきた
一度背面のネジを締めなおしたのだが、帰る頃にはグラグラになってこの状態での継続使用は困難となったのだ

そこで、抜本的にこの部分を改良することにした。
この度は木製プレート本体を大きくし、その背面をスチールプレートで固定することにした。
さらにこのプレートの下部をL字アングルで固定して強度UPを図ったよ
出来上がりはこんな感じだ


120113_01.jpg


これでグラつきは解消されると思うのだが・・・使用してみないと何とも言えないな(笑)
また何か不都合が生じればその時に考えるとしよう
リードを掛けての仕上がりはこんな状態になる


120113_02.jpg


これにてリードフックの役目を十分に発揮してくれることと信じている(そう願いたい:爆)


さて、今日もがんばって雪上リハに励む予定だったが、昨夜長男が少々体調を崩したので・・・たぶん雪を食べ過ぎてお腹が冷えたのだろう
今朝には体調も戻ったのだが、今日は無理せずいつもの公園でお散歩にしたよ

それに投げ練もしなくっちゃ~ワンコに申し訳ないもんね(;冷汗;)


120112_04.jpg